日野法界寺裸踊り

f0131192_7424977.jpg
 またまた厳しい寒さが続いています。今日は、近畿地方でも雪が積もる予報が出ています。車など交通機関に影響しない程度だと良いのですが・・・
 さて、先日1月14日は、日野法界寺の裸踊りが行われました。裸踊りとは・・・元旦より14日間、本堂の薬師堂において、五穀豊穣・万民豊楽・訴願成就を祈る修正会法会が厳修され、結願日にあたる1月14日の夜、少年、青壮年の信徒が褌一つの姿となり、水垢離をとった後、国宝阿弥陀堂広縁で、裸体をぶつけ合い両手を頭上高く打ち合わせ「頂礼(ちょうらい)、頂礼」と連呼しながら踊りつつ祈願を込める祭典です。(踊りに用いられた下帯は、安産を願う妊婦の腹帯として古くから厚い信仰を集めています。)

f0131192_833666.jpg

 寒い夜にお祭りを見に来て下さった方々に、毎年粕汁が振る舞われます。寒空の下で食べる温かい粕汁は、いつも皆さんとっても喜んで下さいます。外国人観光客の方もとっても喜んで食べた下さったそうです。



f0131192_817897.jpg
 檀家の女達は、前日から振る舞いの粕汁などの準備をします。昔ながらの土間のお台所で、おくどさんで大きなお鍋に何杯も作ります。丸大根・にんじん・ごぼう・おあげの精進の粕汁ですが、皆さんの健康を祈願しながら一生懸命作ります。私もお義母さんの代わりにお手伝いに行くようになってからもう5年ほどになりますが、やはりまだまだ緊張の連続で、毎年このお祭りが終らないと年が明けた気がしません。今年は、とっても寒かったですが、でも何とか無事に終ってほっとしました。

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村、ランキングに参加しています。ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2011-01-16 08:25 | 日々あれこれ  

<< レモンケーキとフロランタン 本格ラーメン!! >>