パプリカのパスタ!

f0131192_733278.jpg
 娘の学校の制服も夏服移行期間に入り、半袖で登校する人も増えてきたそうです。今日から娘も半袖で出かけましたが、今日はなんだかちょっと肌寒いような気がしますが・・・・大丈夫かな?元気な子供なので、寒がりの私とはきっと違いますね。
 さて、こちらは最近一人ランチの時のお気に入りのパプリカのパスタです。パプリカには、ビタミンA・C・Eが非常に豊富に含まれていて、しかも熱に弱いビタミンCですが、パプリカに含まれているビタミンCは熱を加えても壊れにくいという優秀な食材なのです。赤・オレンジ・黄で少し栄養素の量は違うらしいのですが、緑のピーマンやほかの野菜より群を抜いて栄養価が高いそうですよ。ビタミンA・C・Eは、ビタミンエースとも呼ばれ、お肌の調子を良くしたり、老化防止に効果があるので、これはしっかり食べておかないと!(笑)こちらもルクエ(シリコンスチーマー)で10分もあれば簡単にできてしまいます。パスタは、スパゲッティではなくショートパスタを使い、量は少な目で、パプリカをたっぷり入れました。味付けは塩・こしょうとエキストラバージンオリーブオイル・粉チーズ少々ですが、とっても美味しいんですよ。パプリカがとっても甘くてショートパスタは、食感が固めで噛みごたえがあるので、少量でも満足感があります。今日は、残っていたファルファッレを使ったので、かわいいリボン型で、女子気分も満喫できました。今度女子会の時には、これを作ろうっと!きっとみんな喜んでくれるのでは・・・

f0131192_8101356.jpg
 最近、テレビや雑誌でまたヨーグルトがよく取り上げられているのが目につきます。またヨーグルトブーム?なんて思っていたら、この4月、5月は、腸が弱りやすい季節で、おなかの調子を崩す人がとても多いそうです。そこで、ヨーグルトで腸の中の善玉菌を増やしてあげると体調も良くなるそうなんです。ヨーグルトは嫌いではないのですが、冬場は寒いのであまり食べていませんでした。しかも、ヨーグルトはメーカーによって入っている菌が違っているので自分に合っている菌を取らないと効果がないそうなのです。自分に合っているかどうかを試すには、毎日200グラムを最低2週間続けてみないとわからないそうで、何らかの体に良い変化が出てくれば自分に合っているそうです。また、空腹の状態でヨーグルトだけを食べても胃酸で菌が死んでしまって、効果が半減するそうなので、食後に食べるか食物繊維を含むものと一緒に食べることが良いそうです。そこで、こんな風にヨーグルトとバナナとグラノーラを一緒に朝ご飯に食べてみようかなと・・・まだ二日目、効果は特に感じられません(笑)が、しばらく頑張ってみようかなと思っています。

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2012-05-18 08:23 | ランチ  

<< ドッグカフェ! 塩麹 >>