「ほっ」と。キャンペーン

ひじきの生姜煮

f0131192_1752261.jpg
 これは、おかずと言うより常備菜。料理研究家の栗原はるみさんの紹介されていたものです。妹が以前作っていたのをもらってとっても美味しかったので、私も早速作ってみました。ひじきは、鉄分・ミネラル・食物繊維を多く含みとても体に良い食材の一つです。特に私のように貧血気味の者は、積極的にとった方がいですね。もともとひじきの煮物など大好きで時々作っていますが、これはもっと手軽に作れて、煮物より日持ちがするので毎食のようにゴハンの上にかけて食べています。たっぷりの水で戻したひじきをざるにあげ水気を切っておきます。鍋に、しょうゆ・みりん・砂糖少々・和風だしの素少々を煮立てた中にひじきを入れて、煮含めます。最後に土生姜のみじん切りを加えて混ぜ合わせれば出来上がりです。生姜のピリッとした味がアクセントになってごはんにのせて食べるととっても美味しかったです。一人のお昼ごはんは、残り物でささっとすませることが多いですが、そんな時このひじきの生姜煮は強い味方になってくれそうです。子供には、ちょっと生姜が辛いみたいで不評でした。これは、大人の常備菜ですね。

f0131192_17285048.jpg
 こうしてごはんの上にのせて食べるのが美味しいです。佃煮よりもずっと薄味なので、たっぷり食べられます。妹の話では、お豆腐のサラダにトッピングしたり、溶き卵に混ぜて和風オムレツにしたりいろいろ使えるそうなので、また試してみようと思います。
[PR]

by aruzisu | 2007-09-08 17:35 | ランチ  

<< 合わせ薬味 娘のお弁当 >>