<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

ミニバゲット

f0131192_19492569.jpg
 夕飯のミネストローネに合わせて、ミニバゲットを焼きました。バゲットと言ってもお店で売っているような本格的なものは、家庭ではなかなか作れませんので、いつものリーン生地をミニバゲットの形に成形して焼いただけです。200gの粉を使って捏ねた生地で4本のミニバゲットが出来ました。娘は、「うわぁ~、かわいい~!!」と大喜びでした。ちょうど子供が1本完食できるくらいの大きさです。パリッとしてかむほどに味の出るリーン生地で作ったパンは、食事パンに最適です。特にシチューや野菜たっぷりのスープなど合わせると最高です。粉・イースト・水・塩の4つを基本材料とするシンプルなパンなのにどうしてこんなに豊かなうまみが生まれるのかいつも不思議でなりません。ばらばらの材料を合わせて、捏ねて、焼いて・・・まさに自分の手で魔法をかけているかの様です。私が、パン作りで一つこだわっているのは、粉なんです。粉なんてどれを使っても大して変わらないとずーっと思っていましたが、粉にもお米の様に色々な銘柄があって、その種類によって味や食感が全然違うことを知ったときは本当に驚きました。私は、お菓子やパンの材料をクオカと言うネットショッピングで購入していますが、ものすごい数の粉の種類があり驚きます。色々試してみて、数種類の粉に落ち着き、使い分けています。スーパーで売っているカメリヤより少し割高ですが、味の差は歴然なのでこれだけはプチ贅沢をしています。ホームベーカリーを使ってパンを焼くときでも、味や膨らみが全く違いますので、是非一度試してみてください。お家でパンを焼くのが楽しくなりますよ。

f0131192_21392730.jpg
 切らずに1本丸かじりして食べてみたい!と言う娘のリクエストで、丸のまま盛り付けました。「美味しい!」とうれしそうにかぶりついている娘の顔を見ていると、思わず顔がほころびます。ミネストローネにもよく合いました。
 
[PR]

by aruzisu | 2008-01-30 20:00 | パン  

サーモンのクリームスパゲッティ

f0131192_12534563.jpg
 サーモンのムニエル、鮭の塩焼きなど鮭は娘の好物です。最近、鮭メニューがマンネリ化してきているので、今日は生鮭を使ってクリームスパゲッテイを作ってみました。生鮭は、皮と骨を除いて2~3cm角に切っておきます。シメジは、小房に分けておきます。フライパンにバターを熱し、半分に切ったにんにくと塩コショウをした鮭を入れて火を通します。鮭に火が通ったら、シメジを加えてさらに炒めます。白ワインを少しふりかけアルコールを飛ばしながらさらに炒め、生クリームを加えたら少し煮詰めます。茹で上がったパスタを加え、塩コショウで味を整え、パセリやディルのみじん切りをかけて出来上がりです。好みで粉チーズをかけていただきます。ちょっと生クリームを煮詰めすぎてしまってソースが少なくなってしまいましたが、それでもなかなか美味しく出来ました。娘もすごく気に入った様で、「もっと食べられる!!」と私のお皿からおかわりをしていました。主人と私は、サラダと白ワインと一緒にいただきましたが、とってもよく合いおしゃれなディナーとなりました。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-28 13:12 | 晩ごはん  

ネギたっぷりうどん

f0131192_15583760.jpg
 毎日本当に寒いですね。暖冬に体が慣れているせいかこの寒さは応えます。夕飯は温かいものが食べたくなって、このネギたっぷりうどんを作ってみました。これもはなまるマーケットで紹介されていたもので、冷凍うどんを使って簡単に出来ます。今回のネギは白ネギを使います。白ネギには体を温める働きがあるので、食べ終わった後はお腹の中からポカポカになりました。寒い日におすすめの一品です。白ネギはよく洗って、薄い斜め切りにしておきます。青い部分もすべて切って使います。鍋に出し汁・塩・薄口しょうゆ・みりんを入れて混ぜ、そこに食べやすい大きさに切った豚バラ肉を1枚ずつはがしながら入れ、最後にネギを入れて、ここで火をつけます。強火で加熱し、沸騰してネギが好みの固さになったら冷凍うどんを入れ、ほぐれたら出来上がりです。

f0131192_16201119.jpg
 二人分でこのネギの量です!すごいでしょ。白ネギには体を温めたり、疲労回復、風邪の予防などの効果があるので、本当に風邪のひき始めなどには最適だと思います。あっという間に出来てしまいますが、本当に美味しくてヘルシーなので、またまた我が家のお助けメニューに登録です。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-26 16:28 | 晩ごはん  

ガトー・オ・ショコラ

f0131192_16574289.jpg
 昨日のお菓子教室の時のデザートです。このケーキは私のお気に入りの一つで、表面はパリッとしていますが中はしっとりとしていて、何ともいえない食感が魅力です。少しビターなチョコレートを使って、洋酒の風味をつけて焼き上げます。一晩冷蔵庫で寝かし、切り分けてからゆるめに泡立てた生クリームをとろりとかけていただきます。以前はアルバイト先のビストロ・ド・ナカガワさんにも出させていただいていましたが、ここ数年作っていなかったので微妙な感覚やタイミングなど記憶をたどりながら作りました。みんなも「すごく美味しい!!」と喜んでくれたのでホッとしました。苦めのコーヒーと一緒にいただくと本当に幸せな気分になります。このケーキを作ると、以前ナカガワで、「僕は、ケーキはあまり好きではないけど、このケーキはめちゃくちゃ美味しいね。」と言ってくださった男性のお客様がいらして本当にうれしかったことを思い出します。

f0131192_17492732.jpg
 食べる前に・・・今日がTさんのお誕生日と聞いていたので、みんなでHappy birthday!!このケーキ、見た目が地味なので本当はこういうのには向いていないのですが、無理やりキャンドルを立ててしまいました。大人のBirthdayと言うことでお許しくださいね。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-24 17:57 | Sweets  

1月のお菓子教室!

f0131192_9311645.jpg
 今日は、おなじみのMさんに加え、Hさん、Tさんも参加でにぎやかなお菓子教室となりました。作ったものは、皆さん、基礎から・・・というご希望だったので、ジェノワーズ(スポンジケーキ)とふんわりタイプのマドレーヌです。ジェノワーズは、自分でお誕生日ケーキを作ってみたい人は絶対にマスターして欲しい基本の生地です。コツさえ覚えてしまえばきっと上手に焼けると思います。ふんわりタイプのマドレーヌもシンプルで優しい味で、普段のおやつに気軽に作れますし、ちょっとしたプレゼントにもいいですし、初心者の方におすすめのケーキです。この二つのケーキは、配合が違いますが、どちらも共立て(全卵を泡立てる方法)で作ります。みんな「ふんふん、なるほど・・・わぁ~っ!すご~い!!」と真剣な様子でした。
f0131192_1044944.jpg
 ケーキを冷ましている間にランチタイムです。いつもはランチも一緒に作ったりするのですが、今日は、2種類お菓子を作りたかったので、あらかじめ私がハヤシライスを作っておき、サラダだけを一緒に作っていただきました。サラダは、以前紹介したりんごとカマンベールチーズのサラダです。みんなでワイワイ食べると本当に楽しく、だんだんトークも盛り上がり、大爆笑となり、きっとみんな前半のお菓子教室のことは、すっかり飛んでしまったのではないかと思います。ハヤシライスもみんなとっても気に入ってくれたようなので、そのレシピもお持ち帰りしていただきました。この後、デザートなのですが、それはまた次に書きま~す。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-24 10:14 | ランチ  

豆腐のカニあんかけ

f0131192_20493219.jpg
 先日、お友達のMさんが、お家でご主人のお母様を招いて夕飯を食べることになり、何を作ったらいいだろうと相談されました。お母様はお豆腐が大好きと聞いたので、この豆腐のカニあんかけとお刺身サラダを紹介したところ・・・大好評だったそうで、紹介した私もほっとしました。でも、このお料理は本当に簡単なのに美味しくて、普段のおかずとしてもおもてなしの一品としても皆からとっても好評なんですよ。材料は、固めの絹こし豆腐、青ねぎ、カニ缶(小)、酒、塩、片栗粉だけです。フライパンに油を熱し、3cmくらいの斜め切りにした青ねぎを炒めます。そこにカニ缶を汁ごと加えてさらに炒めます。そこに豆腐を入れ、さっと合わせたら酒と水を入れ、塩で味をつけて豆腐に火が通るまでしばらく煮ます。最後に水溶き片栗粉でとろみをつけたら出来上がりです。おもてなしのときに大皿で出してもいつもあっという間に売切れてしまいます。ローカロリーでヘルシーなところもうれしいですね。Mさんのご実家のお母様にもレシピは渡ったそうで、密かにブームが広がっています・・・!?
[PR]

by aruzisu | 2008-01-22 21:43 | 晩ごはん  

かぼちゃのポタージュ

f0131192_66125.jpg
 久しぶりにかぼちゃのポタージュを作りました。かぼちゃの色って本当にきれいで大好きです。ほのぼのとしていてとっても癒されます。実は、以前かぼちゃのポタージュを作った時に娘があまり食べてくれなかったので、それからあまり作っていなかったのですが、今日はちょうどかぼちゃもあるし、もう一度挑戦してみました。かぼちゃは、ワタと皮を取り5mmくらいの薄切りにしておきます。鍋にバターを入れてみじん切りにした玉ねぎを透き通るくらいまで炒めたら、かぼちゃも加えて炒めます。そこにブイヨンを加え、かぼちゃが柔らかくなるまでコトコト煮ます。荒熱を取ったらミキサーにかけ、再び鍋にもどします。弱火にかけて再び温め、牛乳を加えて好みの濃度にのばし、塩コショウで味を整えたら出来上がりです。(かぼちゃは、その時々で同じ様に作っても濃度にばらつきがあるので、牛乳で調節してお好みの濃度にして下さい。)器に盛り付けお好みでパセリ・クルトン・生クリームをトッピングしていただきます。このトッピング用の生クリームですが、私はいつもポーションタイプのコーヒーフレッシュ(メロディアンミニの様な)を使っています。トッピングのためだけに生クリームを買うのももったいないですし、これで十分ですよ。この生クリームのトッピングがあるだけでちょっとおしゃれな感じになります。さて、娘の反応は・・・ 「美味しい~!」ときれいに食べてくれました。これでかぼちゃのポタージュもスープのローテーションに復帰です!!
[PR]

by aruzisu | 2008-01-21 06:42 | 晩ごはん  

ゆとりの空間でランチ!

f0131192_60948.jpg
 昨年末、大丸京都店にお買い物に行ったときにカフェ「ゆとりの空間」でランチをいただきました。このお店は料理研究家の栗原はるみさんのお店で、お食事できるのは、関西ではここくらいではないかと思います。栗原さんらしいワンプレートランチセットや単品メニューがあり、どれも「あっ、本で紹介されていたものだ!!」とつい興奮してしまいます。店内は、90パーセント以上が栗原はるみファンらしき女性客で、たまに付き合わされて来ているうちの主人のような男性客が居るくらいです。食材の組み合わせ、食器やテーブルコーディネートなどはるみさんらしく、とても参考になります。今日はメインが1品のランチセットを主人と一つずつオーダーしました。こちらは主人のハンバーグのセットです。(主人撮影)

f0131192_61853.jpg
 こちらは私の魚の唐揚げのセットです。娘には、ごはんとお味噌汁をサービスで出してくださり、私のおかずを一緒にいただきました。「お魚美味しい!」と娘も気に入って食べていました。お味噌汁には白ゴマのペーストが入っていて、ゴマの風味とこくがとっても美味しかったです。


f0131192_6242578.jpg
 デザートは抹茶のふるふるゼリーです。やわらかめで甘さ控えめの抹茶ゼリーに甘いあんこと練乳入りのクリームがかかっていて、美味しかったです。栗原さんのこういう和・洋・中・エスニックをさらりと違和感なく組み合わせてしまうセンスが大好きで、いつも勉強になります。一つだけ残念なことは、こちらのカフェには併設のHarumiショップがないのです。美味しいランチをいただいた後でHarumi ショップでお買い物できたら最高なんだけどなぁ・・・
[PR]

by aruzisu | 2008-01-19 06:35 | ランチ  

私の粕汁

f0131192_10221064.jpg
 粕汁ついでに・・・こちらは私がいつも家で作る粕汁です。お寺のものとは違って、豚肉・こんにゃくも入り、味付けにお味噌も少し入れて酒粕も多めでこってりとした仕上がりです。仕上げにねぎをたっぷり入れていただくと、体の中からポカポカ暖まります。実家でも母が冬場よく作ってくれましたが、子供の頃からそんなに好物ではなく、自分で作ることはありませんでした。こちらに来てからお義母さんの見よう見まねで、毎年何度か作る様になりましたが、これが意外と家族からは大好評なのです。主人の中でもたぶん私の作るすべての料理の中でこの粕汁はトップ3に入るそうです。(あとの二つはなんだろう?!)甥っ子も「お姉ちゃん(本当はおばさんなのですが・・・)の粕汁が一番美味しい!!」といつもおかわりをしてくれます。今ではすっかり我が家の定番料理の一つになっています。自分としては、未だにこれでいいのか・・・?と半信半疑なのですが、まぁみんながこれで喜んでくれているのだから良しとしましょう。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-16 10:44 | 晩ごはん  

日野法界寺裸踊り

f0131192_16363892.jpg
 昨日1月14日は、日野法界寺の裸踊りが行われました。裸踊りとは、元旦より14日間本堂の薬師堂において五穀豊穣・万民豊楽・諸願成就を祈る修正会法会が厳修され、結願日にあたる1月14日の夜、少年・青壮年の信徒が褌一つの姿となり、水垢離をとったのち国宝阿弥陀堂広縁で、裸体をぶつけ合い、両手を頭上高く打ち合わせ、「頂礼(ちょうらい)、頂礼」と連呼しながら踊りつつ祈願をこめる祭典です。(踊りに用いられた下帯は、安産を願う妊婦の腹帯として厚い信仰を集めています。)主人の家は代々日野法界寺の檀家で、昔から裸踊りのお手伝いをしています。私も昨年からお義母さんに代わってお手伝いに行くようになりました。主人は、小さい頃からずっと裸踊りに出ているそうです。

f0131192_1742033.jpg
 踊りの前に井戸水をかぶって水垢離をします。昨夜も震え上がるような寒さの中、次々と水垢離が始まりました。主人は、この裸踊りが終わらないと落ち着かないらしく、これが済んでやっと一年が始まる気がするそうです。



f0131192_1784571.jpg
 参拝の方々に粕汁のふるまいがあり、檀家の女は前日からその粕汁作りをします。おくどさんで大きな鍋に何度も作ります。丸大根・にんじん・ごぼう・薄揚げの精進粕汁ですが、みなの今年一年の健康を祈願しながら作りました。どうぞ今年も健康に過ごせます様に・・・
[PR]

by aruzisu | 2008-01-15 17:16 | 日々あれこれ