「ほっ」と。キャンペーン

<   2008年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

水出しアイスティー

f0131192_225453.jpg
 今日はじめじめしていなくて、風が吹くと少し肌寒いくらいの一日でした。でも、蒸し暑いこれからの季節に必ず飲みたくなるのがアイスティーです。普段は市販のアイスコーヒーを冷蔵庫にストックしておいて、手軽に楽しんでいますが、時々無性にアイスティーが飲みたくなります。アイスティーの作り方は大きく二種類に分けられますね。熱湯出しと水出しです。飲みたいときにすぐ作れるのは熱湯出しのアイスティー。茶葉の香りがよくたって、キリッと爽やかな渋みや力強い味わいを楽しめます。ただ、難点はクリームダウンが起きること。熱湯出しした紅茶を冷蔵庫で冷やすと白くにごって見えることがあります。これがクリームダウンと呼ばれる現象で、お茶に含まれるカフェインとタンニンなどが結合して結晶化したものです。ですから熱湯出しの場合は作りおきが出来ません。水出しは、5~6gの茶葉に水500ccを入れて、常温で8~10時間ゆっくりと時間をかけて抽出します。時間はかかりますが、タンニンがあまり溶け出さず、苦味や渋みの抑えられた甘く優しい風味のアイスティーが出来ます。冷蔵庫に作りおきしてもクリームダウンはおきにくいので、お友達が来る日などはあらかじめ作って冷蔵庫にストックしておくと便利です。毎年、夏になるとこの水出し紅茶を作って、ひんやり美味しいティータイムを楽しんでいます。
f0131192_2230558.jpg
 お気に入りの紅茶は、ルピシアさんのオアシスという茶葉です。グアバやパパイヤなどの熱帯の果実とローズヒップが入っており、果実の甘い香りとローズヒップの酸味がお互いに引き立て合い、アイスティーにぴったりのすっきり爽やかな飲み口です。毎年、初夏になると京都大丸の地下にあるルピシアさん(紅茶専門店)で、このオアシスを買って、夏の間アイスティーを楽しんでいます。

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-30 22:39 | drink  

くるみの木で初夏のランチ

f0131192_725914.jpg
 昨日は、久しぶりに奈良のくるみの木に初夏のランチを食べに行ってきました。いつもながらの人気で、開店40分前に到着しましたが、何とかぎりぎり10 組目に滑り込めました。一度に15組くらいしか入れないので、逃すと一回転するまでまた1時間くらい待たなくてはいけないのです。
 今日の季節のランチメニューは・・・
 *もちきびとひよこまめの混ぜごはん
 *若鶏の唐揚げ青葱ソース
 *田舎こんにゃくとズッキーニの田楽
 *豆もやしと焼き揚げのしぐれ煮和え
 *新玉葱とわかめのサラダ
 *ぶっかけそうめん
 *みぞれ羹
どれも季節のお野菜がたっぷり使ってあり、とっても美味しかったです。娘はひよこ豆を気に入って、「これ何?美味しい!」と喜んで食べていました。旬のお野菜をたっぷりいただくとそのエネルギーをもらってからだの中から元気が湧いてきますね。ここに来るといつもお料理の盛り付け、器使い、お花の飾り方・・・など色々なことに刺激を受け、また頑張ろう!という気持ちになります。多くの人の心を捉え、長い時間待ってでも来たい!と思わせる魅力がここにはあります。正に理想の空間です。
f0131192_73798.jpg

 デザートにピンクグレープフルーツのレアチーズケーキをたのんでみました。グレープフルーツのほろ苦さとチーズの酸味が上手く合い、とっても爽やかな初夏の味のケーキでした。




f0131192_7385128.jpg


 娘はやはり野生種ブルーベリーのソーダ・アイスクリームつきを・・・
これが大のお気に入りです。自家製のブルーベリーコンポートを炭酸水でわったものだからそんなに甘くはなく、ブルーベリーの粒々がいっぱい入っていて、とっても美味しいです。色もきれいで、いつ見ても素敵・・・
とっても幸せなくるみの木でのランチでした。

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけるとうれしいです。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-29 07:48 | ランチ  

くず豆腐

f0131192_731865.jpg
 これは、栗原はるみさんの本で紹介されていたもので、豆腐と野菜を器に入れ、タレをかけて電子レンジでチンするだけですが、タレの中に片栗粉が入っているので出来上がりが葛でとじた様にとろりとなります。だからくず豆腐と言う名前がついています。以前から気に入ってよく作っていましたが、今日は久しぶりに作ってみました。今日はとろみをつける手前まで先に下準備しておきたかったのでお鍋で作り、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて仕上げました。きぬこし豆腐は軽く水切りしておきます。生椎茸は2cm幅のそぎ切りにしておきます。白ネギは5cm幅の縦四つ割りにしておきます。(今日は白ネギが高かったので、九条ネギを斜め切りにしてたっぷり使いました)耐熱容器に豆腐を一口大にすくって入れ、ネギ、椎茸を入れたら醤油・砂糖・酒・だし汁・片栗粉を合わせてよく混ぜたタレをかけて、ラップで覆い、電子レンジで加熱します。途中で上下を返してさらに少し加熱して出来上がりです。鍋で作る時は、片栗粉を除くタレの材料と、お水を少し(蒸発分)と豆腐と野菜を全部お鍋に入れて火にかけ、最後に水溶き片栗粉でとろみをつけて出来上がりです。ごはんにかけて丼風にして食べるのがおすすめです。彩りに青ネギの小口切りをトッピングして、粉山椒か七味をふっていただきます。お豆腐とお野菜だけなのですがとっても美味しくて私は大好きです。でも、男性からはこれだけでは晩ごはんとしてはブーイングが出ると思います(笑)。ですから、鶏の唐揚げとお汁物を作って添えました。最近、娘が鶏の唐揚げをパクパク食べてくれるくれるようになっんですよ。とっても嬉しいです。以前、食の細かった甥が「お姉ちゃん(本当はおばさんなのですがこう呼んでくれます)のから揚げ100個くらい食べられる!」と言ってくれたのがとっても嬉しかったのを今でも覚えています。美味しそうに食べてくれる顔が何よりの励みになりますね。

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとクリックお願いい致します。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-28 08:05 | 晩ごはん  

マグロのカルパッチョ

f0131192_8532959.jpg
 お刺身用のマグロのサクがお買い得だったので、カルパッチョを作ってみました。これからの暑い季節にぴったりな爽やか味のカルパッチョです。トマトは湯むきして種を取り、角切りにしておきます。玉ねぎのみじん切り少々は、水にさらして水気を切っておきます。ボウルにトマト・玉ねぎ・オリーブオイル・お酢・塩・こしょう・砂糖を加えて混ぜます。砂糖を少量加えることによって、お酢やトマトの酸味が角が取れてまろやかになります。最後に粗みじん切りにしたバジルの葉っぱを加えて混ぜます。お皿に薄く切ったマグロを並べて、そこに塩・粗挽きこしょう・オリーブオイルをかけて下味をつけます。その上に先ほどのソースをかけて、パルメザンチーズを上にかけて完成です。(本当は粉チーズではなく、薄く削ったチーズを使いたかったのですが、家庭ではなかなかそこまで出来ず、粉チーズで代用しました。)とっても簡単ですが、おしゃれに見えていいですね。主人も「サッパリして美味しい!」と喜んで食べてくれました。これからの季節、盛り付けるお皿も冷たく冷やしておくとさらに美味しいと思います。さらにサッパリがお好きな方は、お好みでレモンをギュッと絞って召し上がれ・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-26 09:19 | 晩ごはん  

グラハムブレッド

f0131192_1244312.jpg
 いつものミルク食パンの強力粉の半分をグラハム(全粒粉)に代えて、グラハムブレッドを焼きました。グラハムとはお米で言えば玄米の様なものです。玄米同様少しくせがありますが、精白されたものに比べて栄養があり、とってもヘルシーです。食感も少しボソッとした感じがしますが私は玄米や雑穀・グラハムなどが大好きです。体にいいから・・・と言うのも好きな理由の一つですが、味や食感も大好きなんです。主人もこれなら何の抵抗もなく美味しく食べられると言っていましたので、健康の為にも時々焼きたいなと思います。娘も「美味しい!サクサクしてる。」と喜んで食べてくれました。

f0131192_12572189.jpg
 野菜たっぷりヘルシーサンドイッチセットはいかがですか・・・
グラハムブレッドにサニーレタス・ごぼうサラダ・ハム・カマンベールチーズをサンドし、キャベツのスープを添えました。パンは少なめの具沢山で、サンドイッチにもスープにもお野菜がたっぷり入っていてとってもヘルシーですよ。う~ん!幸せです。モグモグよく噛んでいただきました。なんだかとっても元気になれそうです。毎日こんなヘルシーなセットが食べたいな・・・

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-24 13:07 | パン  

かぼちゃの白玉だんご

f0131192_161052.jpg
 金曜日にいつも通りブログを更新しようと思ったら、どうしても写真がいつものように取り込めないんです。それからは説明書を読んだり色々試してみても全くダメで、どうしようかと思っていました。今日、パソコンに詳しい甥に来てもらったらすぐに解決してくれました。やっぱりすごいなぁ。小さい頃は私がお勉強見てあげていたのに・・・今ではすっかり逆の立場です。でも、本当に助かりました。これでまたブログ生活が続けられます。
 さて、こちらはかぼちゃの白玉団子を作っていつもの豚汁に入れてみました。少しあまったかぼちゃがあったので、レンジで蒸してつぶしたものを白玉粉と一緒にこねて、丸めて茹でました。娘も一緒にこねたり丸めたり、すごく張りきってお手伝いしてくれました。今日は、色づけ程度ではなく、たくさんかぼちゃも入れたので栄養も満点、ほんのりかぼちゃの味もします。普通の白玉団子よりやわらかくてとっても美味しく出来ました。豚汁に入れても色がとってもきれいで、よく合いました。娘もパクパクたくさん食べてくれました。
f0131192_1637584.jpg
 豚汁に入れるつもりで作りましたが、出来たての白玉を早速、娘が試食です。どうせならきなこをかけて・・・「美味しい!!」ほんのりかぼちゃの甘味がして、とってもやわらかくて美味しかったです。おじいちゃんおばあちゃんにもおすそ分けをしたんですがすごく好評でした。こういうおやついいですね。ヘルシーで美味しいなんて嬉しいです。こうなることを予測して少し多めに団子を作っておいて良かった(笑)。

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチッとクリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-22 16:01 | 晩ごはん  

ナンを作ってみました

f0131192_6115829.jpg
 お友達のMさんからカレーのときによくナンを作るようになったと聞いて、私も作ってみました。いつものリーン生地を一次発酵後分割し、かるく丸めて乾燥しないように固く絞ったふきんをかけ5~6分休ませます。その後両手で生地を軽く引っ張りながらのばしていきます。手でのばした方が生地の厚みにムラができ、焼いた時にもっちりした部分、パリパリの部分と食感が異なって美味しく感じられるそうです。そして最終発酵はさせずにそのまま、油をひかないフライパンで両面とも少し焦げ目が着くまで中火で焼いていきます。これでちゃんと中まで焼けるのか心配でしたが、もっちりと本格的なナンが出来上がりました。今日はいつもの極普通のカレーに合わせましたが、とっても美味しかったですよ。娘が「早く食べてみたい、早く~!!」とせかすのでバタバタと写真を撮り、全くおしゃれではない盛り付けになってしまいました~(泣)それでも娘は「美味しい!美味しい!」と大喜びでナンを2枚ペロリと食べ、「もっと食べてみる!」とまで言っていましたが、さすがにやめさせました。こんなに気に入ってくれるならまたまた定番になりそうです。
f0131192_6411235.jpg
 娘の食べるときはバタバタして気付かなかったのですが、主人が食べる時にとろけるチーズをトッピングしてみました。そうすると予熱でチーズがとろりと溶けて、ナンによく合ってこれもまた美味しそうでしたよ。(写真撮るの忘れました~!!)娘も気に入りそう。今度はもうちょっとおしゃれなカレーを合わせてみたいな。

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-18 06:45 | パン  

北京ダック風サラダ

f0131192_534158.jpg
 鶏のもも肉をフライパンで焼いて、砂糖・酒・しょう油で味付けし、照り焼きにしたものを適当な大きさに切っておき、にんじん・キュウリの千切り、白髪ネギ、カイワレを添えて、サラダ菜に野菜と鶏肉をのせて甜面醤(中華甘味噌)を少しつけ、くるっと巻いていただくというサラダです。北京ダックのように以前はミニクレープを焼いて包んで食べていたのですが、お腹もふくれてしまって数が食べられないのと、カロリーも気になります。そこで、クレープの代わりにサラダ菜でくるっと巻いて食べる様にしてみたところ、サラダ感覚で野菜も美味しく食べられるし、とってもヘルシーになりました。お肉もサラダも苦手な娘ですが、「今日のサラダはマヨネーズもドレッシングも使ってないよ~。このお味噌をちょとつけて食べると美味しいよ。」とサラダ菜を1/4にちぎって、小さな鶏肉とにんじんと甜面醤をちょっと巻いてミニサイズを作ってあげたら、恐る恐る口に入れて・・・「あっ、美味しい!!」とその後普通サイズを二つ食べてくれました。(野菜はにんじんだけでしたけど・・・)最近、少しずつ食べられる物が増えてきました。本当に嬉しいです。「また作って!」とリクエストまでもらいましたよ。今度は他の野菜もちょっと入れて食べてくれるとうれしいな。
f0131192_613575.jpg
 こんな風に巻き巻きしていただきます。おもてなしにもいいですね。今日は甜面醤の他にコチュジャンも添えたのですが、やっぱり鶏肉には甜面醤の方が合いました。このような調味料がなければ、もちろんマヨネーズをチューっと絞って食べてもOKです。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-15 06:16 | 晩ごはん  

野菜たっぷり鶏そぼろ

f0131192_6433930.jpg
 これは栗原はるみさんのレシピの鶏そぼろです。実家にいるころから気に入って時々作っていました。そぼろの中に玉ねぎ・にんじん・干し椎茸がたっぷり入っているので、肉だけのそぼろよりも栄養があって、重宝します。野菜の苦手な子供にも人気とありましたが、お肉の苦手な我が家の娘には人気がありませんでした。(笑)玉ねぎ、にんじん、もどした干し椎茸はみじん切りにしておきます。小鍋に鶏ひき肉(ももの方が美味しい)を入れ油をひかずに火にかけ混ぜながらポロポロになるまで炒めます。鶏肉に火が通ったら野菜を加え、炒め合わせます。砂糖・みりん・しょう油で味を付け汁気が少なくなるまで炒り煮にして出来上がりです。

f0131192_6533687.jpg
 お昼ごはんに鶏そぼろ丼なんていかがですか。卵そぼろも作って青みを添えて三色丼にしてもきれいですね。私はポロポロの卵そぼろよりも半熟の炒り卵が好きなので、ごはんの上にふんわり半熟に仕上げた卵をのせて、その上に鶏そぼろをかけてもみのりをトッピングしていただきました。鶏そぼろさえ作っておけばあっと言う間に作れて便利です。
[PR]

by aruzisu | 2008-06-14 07:06 | ランチ  

マグロのタルタル

f0131192_8272269.jpg
 アルバイト先のビストロ・de・ナカガワさんでシェフの作るお料理を見ていると、自分も何かおしゃれなものを作りたくなります。そこで、少量のマグロのお刺身を使ってマグロのタルタルを作りました。これは以前、シェフに教えていただいたもので、オードブルやお酒のおつまみにとっても合うんですよ。マグロのお刺身は包丁で細かく切り、さらにたたいて細かくします。玉ねぎ少々も細かいみじん切りにして、水にさらしてから水気を切っておきます。ボウルにマグロ・玉ねぎ・塩・粗挽きこしょうを入れて混ぜます。隠し味に和の白だし(市販のもの)があれば少量加えるとぐっと味に深みが出てきます。最後にエキストラバージンオリーブオイルを適量加えて全体をよく混ぜてタルタルの出来上がりです。冷蔵庫で30分くらい置くと味がなじんで美味しくなります。お客様にお出しするときなども、あらかじめ作って冷蔵庫で寝かしておくといいですね。(ただし、生ものなのでその日のうちに食べてくださいね!)薄く切ったバゲットにガーリックオイル(エキストラバージンオリーブオイルににんにくのみじん切りをつけてガーリックの香りがついたオリーブオイル)をぬりオーブントースターでカリカリに焼いたガーリックトーストを添えて完成です。見た目もなかなかおしゃれでしょ。赤身のマグロもオリーブオイルのを混ぜることでとってもまろやかでこくが出ます。でも、オリーブオイルなのでひつこさはなく、ヘルシーでとっても気に入っています。主人も「わぁ~!何これ。美味しい!」と喜んで食べてくれました。(実は以前にも作ったことがあるんだけど・・・完全に忘れています)生物の食べられないうちの娘・・・でも、こういうカリカリのトーストは大好物なんです。カリカリは食べたいけどマグロはイヤだ・・・どうしよう?!・・・と悩んだあげく、カリカリの誘惑には勝てなかった様で、しぶしぶマグロをほんの少しぬって食べていました。「あっ、美味しい!」とマグロも少しだけど食べてくれました。でもやはり、ガーリックトーストだけの方が良いみたいで、「一個食べたから後はぬらなくていいでしょ。」と言ってトーストだけを食べていました。「お母さんのガーリックトーストがないじゃない・・・!」と言うことで追加してまた焼きました。(笑)
f0131192_962424.jpg
 こんな風にガーリックトーストにタルタルをぬっていただきます。自分でぬって食べるというのもまたおしゃれで楽しいですね。ワインはもちろん日本酒にも合うと思います。お客様のおもてなしの時にも手軽に作れるのでいいですよ。
 
[PR]

by aruzisu | 2008-06-12 09:11 | 晩ごはん