マドレーヌ

f0131192_7514441.jpg
 日中の気温が一気に上がり、昨日は、25度を超える夏日になりました。今日の京都の予想最高気温は、28度の予報で、また暑くなりそうです。いつも水筒のお茶を残して帰ってくる娘も、昨日は、「お茶が足りなくなった~!」と言いながら帰ってきました。また、紫外線対策もはじめないと・・・
 さて、先日どうしてもマドレーヌが作りたくて、私にしては珍しく夜遅くまで(といっても知れていますが・・・)マドレーヌを焼いていました。ぷっくりかわいいおへそのマドレーヌが焼きあがりました。マドレーヌは、フランス発祥の焼き菓子で、シンプルで誰からも愛されるお菓子ではないでしょうか。母もよく焼いてくれましたし、私もお菓子作りを始めたころからよく焼いていました。その頃は、丸いアルミカップ型で焼いていましたが、マドレーヌの原型は、このシェル型。昔、ホタテガイの貝殻に生地を流して焼いたところからこの形になったという説を聞いたことがあります。アルミカップに流して焼いた方が簡単で良いのですが、やはりきれいなシェルの形のおへそのあるマドレーヌは、お菓子作りの好きなものからすれば理想(自己満足?!)なのです。

f0131192_87376.jpg
 珍しく夜に弱い私が、夜にマドレーヌを焼きたくなった理由は・・・・悩んだ挙句(数年・・・)、先日このマドレーヌ型を買ったからなのです。chiyodaと私がいつもお菓子の材料を買っているcuocaのコラボで作られた焼き型で、皆さんのレビューを見ていると、「型の違いでこんなにも焼き上がりに差が出るものなのかとびっくりしました!」「もっと早く買えばよかった!本当にきれいに焼けます!」など大絶賛なのです。熱の伝導が理想的に作ってあり、ふっくらきれいに焼きあがるそうなのです。それにシェル型で焼くときには、溶かしバターを型に塗ってかなを薄くふって肩を冷蔵庫で冷やして・・・と実はとっても面倒くさいのですが、この型はさっとオイルスプレーをするだけできれいな模様が出て、方離れも良いというのも魅力の一つでした。お値段が高価なものだったので、ずっと悩んでいましたが、思い切って購入しました。本当にそんなに違うのかなぁ・・・と半信半疑でしたが・・・

f0131192_8202246.jpg
 オーブンで焼いているときからいつもより膨らみ方が違いました!プクーっとおへそが膨らみ、焼き上がりはうそのようにつるんと型から外れ、こんなにきれいなシェルの模様がくっきり!本当に美しい焼き上がりです。食感もしっとりしていてとっても美味しかったです。娘も「わぁ~!美味しい!この前と違う!」と大絶賛してくれました。まぁ・・・私がこの型で焼くと美味しく焼けるんだと言っていたのを知っているからというのもあると思いますが・・・(笑)これなら商品としても自信を持って作れます。今回は、庭の柚子を使って柚子のマドレーヌを作りましたが、次は違う味のマドレーヌを試してみたいなぁとわくわくしています。みなさんのレビュー通り、期待を裏切らない型でした。う~ん・・・他の形の焼き型もほしくなってきました・・・・(笑)

にほんブログ村 料理ブログへ
ブログ村ランキングに参加しています。ポチっとクリックしていただけると嬉しいです。
[PR]

by aruzisu | 2012-04-25 08:30 | Sweets  

<< 筍ごはん 簡単!ほうれん草のパスタ >>