サーモンのムニエルアーモンドソース

f0131192_1749576.jpg
 これは、最近我が家ですっかり定番になったサーモンのムニエルです。生のサーモンの切り身に塩、こしょうで下味をつけ、小麦粉をうすくつけてフライパンで焼きお皿に盛り付けます。一度フライパンをきれいにしたところにバターとスライスアーモンドを入れて火にかけ、バターが色づいてこんがりとバターの焦げたいい香りがしてきたら、火からおろし先ほどのムニエルの上にジュッとかけてできあがりです。焦がしバターの香りとアーモンドの香ばしさがたまらない一品です。娘も大好きで、アーモンドがカリカリっと香ばしいのが気に入っているようです。”カリカリのお魚”と呼んでいて、今日もたくさん食べてくれました。
 実はこのメニューは、宇治にあるフランス料理のお店、ビストロdeナカガワさんの人気メニュー”白身魚のムニエルアーモンド風味”を真似して作ってみたものです。(お店の物は、もちろん私の作る物とは比べ物にならないくらい美味しいです!!)ナカガワさんは、明るい雰囲気が素敵なとっても美味しいフランス料理のお店です。ランチタイムには、お手頃な価格で大満足のランチを楽しむことが出来ますし、ディナーでは、ワインを楽しみながら本格的なお料理をゆっくり味わえます。明るく、気さくなオーナー夫妻のおかげで堅苦しくなく、気軽にフレンチを楽しめます。ナカガワさんとのお付き合いはもう10年くらいになります。ご縁があって、(途中何度かお休みをさせていただいていますが)少しだけランチタイムのお店のお手伝いをさせていただいています。機会がありましたら皆さんも是非、行ってみてくださいね。
 
[PR]

by aruzisu | 2007-03-15 18:41 | 晩ごはん  

<< やわらか豆乳茶碗蒸し ゴーヤチャンプルー >>