チキンピラフ

f0131192_12231686.jpg
 ル・クルーゼのお鍋でピラフを炊いてみました。ちょうど買ってあった鶏の手羽先とトマトジュースを使って作ったシンプルなチキンピラフです。鍋にたたいて軽くつぶしたにんにくとオリーブオイルを入れて火にかけ、にんにくの香りがたってきたら塩・こしょうした鶏肉を入れて両面にこんがりと焼き目をつけて取り出します。そこに玉ねぎのみじん切り、きのこを加えて炒め、次に洗って水気を切っておいた米を加えて米が透き通ってくるくらいまで炒めます。そこにブイヨンとトマトジュース、塩少々を加えて沸騰したら弱火にして12~15分炊いて10分蒸らせば出来上がりです。トマトジュースとブイヨンは1:1で加えましたが、色もきれいでケチャップやトマトピューレよりもシンプルで食べやすかったです。骨付きの鶏肉の方が旨みがあり、見た目も豪華な感じがしますが、食べやすさの点では骨なしのモモ肉などを角切りにして炊いたほうがいいかもしれません。今回は、バターを使わずオリーブオイルだけで作りましたがひつこさがなくてとても美味しく出来ました。お鍋でお米からピラフを炊くととっても豪華に見えますね。

f0131192_1252543.jpg
 今日の献立です。チキンピラフ・サーモンのカルパッチョ・キャベツのスープです。こうしてならべてみると結構豪華に見えますね。ワインに合いそうだったので、小さなワイングラスにちょっとだけワインも・・・
[PR]

by aruzisu | 2007-10-23 12:58 | 晩ごはん  

<< じゃがいものディルソースサラダ ヘルシー玄米ごはんランチ >>