春菊のペペロンチーノ

f0131192_7294599.jpg
 春菊と言えば、鍋かおひたしくらいにしか使わないのですが、カロテンの含有量は野菜の中でもトップクラスで、ビタミンC・E、鉄分もたっぷりでとってもヘルシーな野菜の一つです。もっと他に活用出来ないかと、今日はペペロンチーノにしてみました。春菊は、なるべく軸の細いものを選んで、飾り用にやわらかい葉先を少し残しておき、後は2cmくらいのざく切りにします。フライパンににんにくのみじん切り、鷹の爪オリーブオイルを入れて火にかけ、にんにくの香りがたってきたら、アンチョビーを少し加え(なくても大丈夫)、そこにざく切りにした春菊を加えてサッと火を通します。パスタの茹で汁を少し加え、茹でたパスタを加えて混ぜ、塩、こしょうで味を整え、器に盛り仕上げにエキストラバージンオリーブオイルと残しておいた春菊の葉先をのせて出来上がりです。いつもの青じそのペペロンチーノより少しくせがありますが、なかなか美味しく出来ました。ちょっと大人の味で、ワインに合う感じの仕上がりでしたよ。主人と二人で春菊1束を使ったので、何だか体の中からきれいになれそうな気がします。これだけではたんぱく質が全く取れないので、サーモンのカルパッチョとスープと一緒にいただきましたが、これまた相性がよくちょっとヘルシーでおしゃれなディナーになりました。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-13 07:55 | 晩ごはん  

<< 日野法界寺裸踊り ゴマのプチフランス >>