鶏ムネ肉のサラダ

f0131192_8552965.jpg
 先日、テレビで鶏ムネ肉をやわらかく茹でるコツが紹介されていました。ムネ肉はもも肉比べて脂肪が少なくヘルシーですし、お値段ももも肉よりお手頃なのでもっと利用したいのですが、やはり、脂肪が少ないだけにパサパサ・固い・・・というイメージで、ついもも肉を利用することが多くなってしまいます。でも、もし本当にやわらかく茹でることが出来たら・・・と早速試してみました。ポイントは沸騰したお湯に塩少々を入れ、ムネ肉を入れたら火を弱め、かすかに沸騰する程度で10分程度茹でます。その後、茹で汁に浸けたまま冷ますのですが、茹でた鍋のまま冷ましては、余熱でさらに火が入ってししまうので、別のボウルに茹で汁ごと移してそのボウルの下に氷水を当てて冷ましていきます。冷めたら水気をふいて薄く切って、いただきます。今日はサラダにして、マスタードソースでいただきました。切っているときからいつもよりやわらかいかも・・・と思っていましたが、食べてみると違いは歴然でした。とってもやわらかく、パサパサもしておらず、しっとりと仕上がっていました。今までは、茹で汁に浸けて冷ますということは知っていたのですが、火を切った鍋のまま放置していただけでした。これはいいことを知りました。サラダやサンドイッチなどこれから鶏ムネ肉を活用する機会が増えそうです。
[PR]

by aruzisu | 2008-05-14 09:21 | 晩ごはん  

<< ポークソテー春野菜添え お弁当スタート! >>