鮭のじゃがいも衣焼き

f0131192_993117.jpg
 昨日は久しぶりにビストロ・ド・ナカガワさんにお手伝いに行って来ました。今年は娘の幼稚園の保護者会の役員をさせていただくことになり、なかなか仕事にもいけず迷惑をかけているのですが、やっぱり素敵なお料理にかかわる仕事は楽しく、たくさんの刺激をもらいます。いつも「賄いを食べて帰ってよ~」と言って下さるのですが、娘が帰ってくるのでいつも食べずに失礼させていただいています。でも、昨日はお客様がちょうど早い時間に皆さんお帰りになられたので、久しぶりに賄いもいただいて幸せでした。また頑張ろう!という気持ちが湧いてきました。
 さて、夕飯に娘の好きな鮭とじゃがいもでこんな一品を作ってみました。生鮭は皮と骨を除いて適当な大きさに切り、塩・こしょうをして小麦粉を表面に薄くつけます。その上に皮をむいて細い千切りにしたじゃがいもをギュッと押し付けるようにして表面につけて、油を多めにひいたフライパンで両面をこんがりと焼いていきます。じゃがいもは、水にさらさない方がまとまりやすいです。じゃがいもが焦げやすいので、弱火でじっくり焼いていきます。焼き上がりに表面にパラパラっと塩をふり、食べるときにお好みでレモン汁を絞っていただきます。娘は大喜びで、「わぁ~!おかあさん、これ大成功やね~!!」と美味しそうに食べてくれました。レモンを自分で、ちょっと絞って「わぁ~!レモンをかけたらサッパリして美味しい~!」とたいへん気に入ってくれました。その勢いで他のおかずも全部きれいに食べてくれて本当に良かったです。主人も気に入ってくれた様で、また定番の一つになりそうです。
[PR]

by aruzisu | 2008-05-16 09:38 | 晩ごはん  

<< 大根とキュウリとツナのサラダ ポークソテー春野菜添え >>