<   2008年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

春菊のペペロンチーノ

f0131192_7294599.jpg
 春菊と言えば、鍋かおひたしくらいにしか使わないのですが、カロテンの含有量は野菜の中でもトップクラスで、ビタミンC・E、鉄分もたっぷりでとってもヘルシーな野菜の一つです。もっと他に活用出来ないかと、今日はペペロンチーノにしてみました。春菊は、なるべく軸の細いものを選んで、飾り用にやわらかい葉先を少し残しておき、後は2cmくらいのざく切りにします。フライパンににんにくのみじん切り、鷹の爪オリーブオイルを入れて火にかけ、にんにくの香りがたってきたら、アンチョビーを少し加え(なくても大丈夫)、そこにざく切りにした春菊を加えてサッと火を通します。パスタの茹で汁を少し加え、茹でたパスタを加えて混ぜ、塩、こしょうで味を整え、器に盛り仕上げにエキストラバージンオリーブオイルと残しておいた春菊の葉先をのせて出来上がりです。いつもの青じそのペペロンチーノより少しくせがありますが、なかなか美味しく出来ました。ちょっと大人の味で、ワインに合う感じの仕上がりでしたよ。主人と二人で春菊1束を使ったので、何だか体の中からきれいになれそうな気がします。これだけではたんぱく質が全く取れないので、サーモンのカルパッチョとスープと一緒にいただきましたが、これまた相性がよくちょっとヘルシーでおしゃれなディナーになりました。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-13 07:55 | 晩ごはん  

ゴマのプチフランス

f0131192_1093925.jpg
 幼稚園が始まり、冬休みのんびりとお家で過ごしていたのとリズムが変わって、娘はちょっと疲れているようです。昨日も4時くらいからお昼寝をしてしまいました。私も一緒にお昼寝をしたいところでしたが、この間に夕飯の準備を・・・ 日中は暖かかったのにもかかわらず、娘はくしゃみを連発していたので、夕飯はあったかいシチューに決めました。そして、シチューと一緒に食べるパンも作りましたよ。シチューやスープに合わせるパンは少しハード系のパンが好きなので、リーンな生地でゴマのプチフランスを作りました。フランスパンといってもお店で売っているものほどハードなものではなく、ソフトフランスパンです。今回は、水の代わりに牛乳で捏ねたので、さらにしっとりもっちりした食感になりました。このパンはサンドイッチにしてもとっても美味しいんですよ。生地を作るときにゴマを一緒に入れて捏ねるだけなのですが、ゴマが入っているだけで、ヘルシーな感じになるから何だか得した気分になります。焼きあがりもゴマの香ばしい香りがキッチンいっぱいに広がります。

f0131192_10353954.jpg
 夕飯にシチューと一緒にいただきました。焼きたてをそのまま食べてもいいのですが、娘はカリカリっとした食感が好きなので、いつも横半分にスライスして軽くトーストしていただきます。皮がカリカリ、中はもっちりでゴマがぷちぷちっと香ばしくて、とっても美味しかったです。今日も「オリーブオイルをつけて食べる!」と言うので、エキストラバージンオリーブオイルに塩を入れたものを添えました。「やっぱり、オリーブオイルをつけたほうがめちゃくちゃ美味しい!!」と娘もご満悦の様子でした。面白い子供ですね(笑)。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-10 10:47 | パン  

キムチ焼きうどん

f0131192_10413240.jpg
 今日から娘の幼稚園が始まりました。冬休み中は風邪もひかず、元気に過ごすことが出来て良かったです。娘が出かけた後、久しぶりに一人でゆっくり掃除をして・・・お茶を飲んで・・・ブログの更新をしています。
 さてこの画像は、年末のお昼ごはんに作った冷凍うどんで出来るキムチ焼きうどんです。冷蔵庫にちょうどキムチと冷凍讃岐うどんがあったので、以前はなまるマーケットで紹介されていたレシピで試して見ました。フライパンにゴマ油を入れて、豚肉を炒めます。ここで砂糖としょうゆを少し加えて下味をつけます。肉に火が通ったら、キムチ、ざく切りにしたニラも加えてサッとあわせます。いためたものをフライパンの端に寄せて、冷凍うどんを凍ったままフライパンに入れます。うどんの上に水(一玉につき約50cc)と鶏がらスープの素少々を入れて、先ほど炒めた豚キムチをうどんの上にのせて、ふたをして約1分、蒸し焼きにします。ひっくり返して裏面も1分蒸し焼きにします。最後に水分を完全に飛ばすように炒めて、味見をして味が足りなければしょうゆを足して出来上がりです。味付けはほとんどキムチの味だけなのですが、うどんによくからんで美味しかったです。凍ったままの焼きうどんで出来るというのも驚きでした。手軽に出来てボリュームもあるので、お助けメニューの一つに仲間入りです。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-08 11:13 | ランチ  

おぜんざいと七草粥

f0131192_9581939.jpg
 6日は、寒の入りでおぜんざいを作りました。いつもはお義母さんが作って下さることが多いのですが、今年は私が作りました。あまり甘すぎるのは皆の好みではないので、少し甘さ控えめのおぜんざいです。粒あん派の私は、おぜんざい大好き!小豆は体にも良いし、もっと普段も作ればいいのだけど・・・主人はそんなに好物ではないのでなかなか作りません。娘も昨年まではあまり食べなかったのだけど、今年は「美味しい!これなに?」と言いながら食べていました。汁物=甘くないものと思っていたので、いつものおわんに甘いおぜんざいを入れて出したら不思議だったようです。(笑)

f0131192_1013127.jpg
 おぜんざいを作るときにもル・クルーゼのお鍋が大活躍でした。豆料理はル・クルーゼの得意分野の一つ。やわらかい熱を通して小豆がふっくら柔らかく煮えてとっても美味しかったです。娘もおぜんざい気に入ってくれた様ですし、これからは時々作りたいと思います。


f0131192_102269.jpg
 7日の朝は、七草粥を作っていただきました。実は今朝、私が寝過ごしてしまい主人の朝ごはんには間に合わなかったのです。超がつくほどの朝型の私も、冬休み中はゆっくりめ(といっても6時くらいですが)の生活でたるんでおりました。本当にごめんなさ~い!


f0131192_1031961.jpg
 七草粥は、雲井窯のごはん土鍋で作りました。こちらもじんわりと熱が伝わって、おいしいご飯やお粥が出来ます。我が家では白粥を作って、最後にサッとゆがいてきざんだ七草を加えます。青臭さもなく、食べやすいので娘も少しは食べてくれました。毎年の事ながら、クリスマスくらいから年始にかけて何かと食べ過ぎてしまい、本当に胃が疲れているのを実感します。今日を機に食べ過ぎるのをやめよう!と心の中で誓いました。今年も一年、みんな元気で過ごせますように・・・
[PR]

by aruzisu | 2008-01-07 10:39 | モーニング  

お刺身サラダ

f0131192_1894996.jpg
 毎年、元旦の朝に皆でお雑煮をいただいた後、近所の神社とお寺に初詣に出かけ、お昼過ぎに大阪の実家へ出発します。大阪の実家に着いたら、また皆で交通安全の成田山不動尊へお参りに行きます。私の実家は成田山の近くで、(徒歩20分くらい)私も妹も成田山の経営する成田幼稚園に通っていました。実家では、当然のように毎年成田山にお参りしていましたが、主人の家も毎年必ず交通安全祈願に成田山へお参りしていたそうで、思わぬ共通点に驚いたものです。まぁ、こんな話はどうでもいいことですが・・・元旦の夜は、大阪の実家でお祝いをして1泊するのが恒例となっています。母が生きていた頃は、元旦からおせち料理以外にも毎年いろいろなお料理を作ってくれていましたが、母が亡くなってからは父と妹と私で細々と作っています。まだ子供も小さいこともあり、大して作っていませんがこのお刺身サラダだけは、毎年必ず作ります。大根、にんじん、白ねぎ、を細い千切りにして水にさらした後、よく水をきりお皿に盛り付けてカイワレ大根も散らします。その上に鯛やヒラメなどの白身のお刺身を食べやすい大きさに切ったものをたっぷり載せて、その上にワンタンの皮をパリパリに揚げたものと細かくきざんだピーナッツをたっぷりトッピングします。食べる直前にしょうゆ・お酢・酒・ごま油を合わせたタレをかけて全体をざっと混ぜていただきます。

f0131192_2034493.jpg
 取り分けるとこんな感じです。揚げたワンタンの皮とピーナッツが、味、食感ともにいいアクセントになります。普段サラダはあまり食べない父も、このサラダは大好きでたくさん食べます。このお刺身サラダはお正月以外のおもてなしにも時々作りますが、いつも皆さんから好評なんですよ。
[PR]

by aruzisu | 2008-01-05 18:44 | 晩ごはん  

明けましておめでとうございます

f0131192_6515856.jpg
 明けましておめでとうございます。昨年3月よりブログを始めましたが、たくさんの方に見ていただいて本当にうれしく思っています。いつも見て下さっている皆様、本当にありがとうございます。今年もどうぞ我が家のおうちカフェにお立ち寄りくださいね。よろしくお願いします。
 さて、元旦の朝はお雑煮から・・・お正月は、男雑煮と言って毎年主人が作ってくれます。昆布でだしを取り、白味噌仕立ての頭芋のお雑煮です。結婚して初めてこのお雑煮をいただいたときは、おわんの中に大きな頭芋だけが入っていてちょっとびっくりしましたが、私はこの頭芋が大好物なのです。毎年このお雑煮を楽しみにしています。

f0131192_7144636.jpg
 お雑煮と一緒に黒豆・たたきごぼう・田作りの三種の肴をいただきます。お義母さんの作るこのたたきごぼうも大好きで楽しみにしています。娘も縁起のものだからと言うことで、今年は一口ずつですが食べていました。今年も一年、みんな元気で過ごせますように・・・



f0131192_7282949.jpg
 毎年、おせち料理はお義母さんが伝統的なお煮しめを作って、私がちょっと違った料理を作るという分担になっています。娘が生まれてからはあまり品数が作れていませんが、これが今年の私の担当分です。もどした干し椎茸に鶏のひき肉を詰めて煮含めた椎茸の陣笠煮・牛肉の八幡巻き・鶏肉のチーズ焼き・きんとんの茶巾絞り・根菜のナマスです。きんとんを茶巾に絞るのを娘に手伝ってもらったら、「これ、あっちゃんが作った!」と皆に自慢して、「美味しい!美味しい!」と食べていました。毎年、二日の夜にお義姉さん家族も集まって、大人数でワイワイいただきます。

f0131192_7504567.jpg
 これは、私担当の根菜のナマスです。実家の母が作っていて美味しかったので、こちらでも作ってみたら皆から好評で、すっかり定番になりました。大根とにんじん以外にサッとゆがいたごぼうとれんこんも入り、甘酢に柚子、昆布を細切りにしたもの、たかのつめも少し入っていて、サッパリしていてとっても美味しいのです。お義姉さんが特に気に入って下さっていて、毎年余ったらテイクアウトして下さるほどです。
 
 
[PR]

by aruzisu | 2008-01-04 07:59 | 日々あれこれ